特殊技術

この工法は、下地ボードの継手同士を繋げて振動を伝えやすくします。
そうすることで独立で振動することを軽減できるため、継手が割れにくいようにしています。
この工法は新築工事に限らずリフォーム工事にも施工を行っております。
リフォーム工事の場合、まれに下地ボードにクラック(亀裂)が生じていることがあります。
この施工でクラック(亀裂)の拡がりを軽減できるようにしています。

【※建築用下地材の施工方法を特許出願中】